妊娠・出産

不妊治療助成事業

茨城県不妊治療費助成事業

不妊治療を受けた方に治療費の一部を県で助成する制度です。

対象治療 体外受精、顕微授精(やむを得ず治療を中断した場合や凍結融解胚移植も含む、ただし排卵に至らない場合は対象外になります。)
助成内容 1回の治療につき15万円まで、1年度目は年3回まで、2年度目以降年2回を限度に通算5年間助成します。ただし通算10回までとなります。
対象者 (1)法律上婚姻しているご夫婦
(2)夫または妻のいずれか一方が県内に住所を有すること
(3)前年所得の合計が730万円未満(1~5月の申請時は前々年)
(4)茨城県が指定した医療機関において実施した治療であること(県外でも指定の医療機関がありますのでご安心ください。)
申請書類 (1)茨城県不妊治療費補助金交付申請書(保健所にあります)
(2)茨城県不妊治療費助成事業受診等証明書(保健所にあります。)
(3)医療機関発行の領収書
(4)住民票(概ね3ヶ月以内のもの)
(5)夫及び妻の所得(課税)証明書(控除の記載のあるもの)各1通
注意事項 (1)年度毎の助成事業ですので、各年度末までに申請が必要です。
(2)所得要件や申請書類の確認のため事前に保健所へご相談ください。
(3)治療後でも申請の相談に応じていただけます。

お申込み・問い合わせ

水戸保健所 〒310-0852 水戸市笠原町993-2 電話番号029-244-2828

笠間市特定不妊治療費助成事業

不妊治療を受けた方に治療費の一部を笠間市で助成する制度です。

1、特定不妊治療に対する助成

対象治療

体外受精、顕微授精(保険外診療分)

助成対象者

(1)法律上の婚姻をしているご夫婦
(2)夫婦の双方又は一方が、市内に引き続き1年以上住所を有していること
(3)特定不妊治療以外に妊娠が望めないと医師が判断していること
(4)茨城県が指定した医療機関において実施した治療であること
(5)茨城県不妊治療費補助金の交付決定を受けていること
(6)市税を完納していること

助成金額

特定不妊治療1回につき、10万円を限度とし、経費が補助金の額に満たないときは、当該経費の額になります。

助成期間

初年度3回まで、2年度以降年2回を限度とし、通算5年間、通算10回を助成します。
平成26年度以降に新規で補助を受ける方で、治療期間の初日における妻の年齢が39歳以下であるときは年間補助回数及び通算補助期間については制限しません。ただし、通算補助回数を6回までとします。

お申込み・問い合わせ

健康増進課・ 友部保健センター・ 笠間保健センター・ 岩間保健センター

男性の不妊治療に対する助成(特定不妊治療費助成の上乗せ補助)

治療対象

特定不妊治療に至る過程の一環として、以下の手術を行った場合(保険外診療分)

(1)精巣内精子生検採取法(TESE)
(2)精巣上体内精子吸引法(MESA)
(3)その他の精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術

助成対象者

(1)特定不妊治療に対する補助金(以下「市補助金」という。)を受けていること。
(2)指定医療機関又は指定医療機関が紹介した医療機関において、対象となる男性不妊治療を受けていること。
(3)特定不妊治療の対象となった治療に要した費用が、県補助金及び市補助金の合計額を超えており、かつ、対象となる男性不妊治療が含まれていること。

助成金額

1回の治療につき5万円を限度とし、経費が補助金の額に満たないときは、当該経費の額になります。

助成機関

特定不妊治療と同様になります。

電話番号一覧

笠間市役所 電話番号0296-77-1101(代) 電話番号0299-37-6611(岩間地域)

友部保健センター 電話番号0296-77-9145

笠間保健センター 電話番号0296-72-7711

岩間保健センター 電話番号0299-45-7888

  • 【更新日】2015年3月13日
  • 【公開日】2015年3月13日
  • 印刷する
  • 【アクセス数】
スマートフォン用ページで見る