1. ホーム
  2. 育児
  3. 児童虐待について
  4. 児童虐待について

育児

児童虐待について

子どもへの虐待は子どもの「人権」と「生命」に関わる深刻な問題です。
「虐待かな?」と思ったらご連絡ください。連絡した方の個人情報は守られます。

児童虐待とは

保護者が子どもに対し、次に掲げる行為をすることを言います。

身体的虐待

なぐる、けるなど、児童がけがをしたり、けがをするおそれのある暴力を加えること。

性的虐待

児童にわいせつな行為をすること。又は児童に性的行為を強要すること。

ネグレクト(養育の放棄)

食べ物やミルクを与えないなど、児童の心身の正常な発達を妨げるような行為。学校に行かせない、医者に診せない、危険な場所に長時間放置するなど、保護者として養育・監護を怠ること。

心理的虐待

児童を無視するなど、拒絶的な対応をすること。脅したり、おびえさせたり、子どものいる前でのDVなど、児童に著しい心理的外傷を与える言動。

 

近年、児童虐待は増加傾向にあり、深刻な問題になっています。虐待という言葉のイメージは非常に残酷なイメージがありますが、殴る、蹴るといった身体的虐待や性的虐待だけではなく、不適切な養育環境や心理的虐待なども含まれます。
虐待という行為は、子どもの身体、情緒、行動、性格形成など、非常に広い範囲に深刻な影響を与えます。

子育てについて悩みはありませんか? ひとりで悩まず、気軽に、相談してください。

子育ては楽しいものですが、育て方に悩んだり、子育てに孤独を感じたりすることはありませんか?一人で抱え込まず、相談しましょう。(虐待以外の相談についてはこちらへ)
 また、笠間市では、地域で児童虐待をなくしていくために、児童福祉関係者、保健福祉関係者、教育関係者、警察・司法関係者、人権擁護関係者などで構成される「笠間市要保護児童対策地域協議会」を設置しています。相談を受けた場合には、連携しながら問題の解決にあたります。

虐待にお気づきの方はご連絡(通告)ください。

中央児童相談所(福祉相談センター)

電話番号029-221-4150

月~金曜日 8時30分~17時15分

いばらき虐待ホットライン 

電話番号029-322-0293

24時間対応 全国共通ダイヤル

電話番号0570-064-000

笠間市子ども福祉課 

電話番号0296-77-1101

月~金曜日 8時30分~17時15分

2004年の児童虐待防止法の改正以降、通告の対象が「児童虐待を受けた児童」から「児童虐待を受けたと思われる児童」まで拡大されました。虐待の事実が明かではないが疑わしいという場合にも通告をお願いいたします。なお、通告された方の個人情報は保護されますので、ご安心ください。
子どもが現在暴力を受けているなど、深刻な状態にあるときは、警察(110番)にご連絡ください。

  • 【更新日】2015年3月13日
  • 【公開日】2015年3月5日
  • 印刷する
  • 【アクセス数】
スマートフォン用ページで見る